乱暴な動物

イタチは日本のどこにでもいる動物です。可愛い顔をしていますが、非常に狂暴な一面もあります。 イタチは木登りが得意で、壁などは平気で登れます。また細長い体であるために、狭い隙間でも楽々入れます。天井裏や屋根裏などに巣を作ることがあり、騒音被害や糞尿による悪臭など様々な問題を引き起こします。 自分で駆除したいと思われる方もいるかもしれないですが、屋根裏などは狭いですし天井を踏み抜いて落下する危険もあります。さらにイタチを追い出すことに成功しても、後に糞尿などで汚れた空間を清掃したり消毒しなければなりません。 作業には危険を伴う上に、罠を設置するにしても高額ですし手間も費用もかかります。 そういったことからイタチによる問題が発生したら、イタチ駆除を専門に扱う業者に連絡するのが一番確実であり、結果的にお得といえます。

イタチ駆除はどういった手順で行われて、どの程度費用がかかるものなのでしょうか。ここでは代表的な作業の一例と、平均的な費用の相場について記述します。 まず、前提としてイタチは鳥獣保護法によって勝手に捕獲したりすることは禁止されています。各自治体に申請して許可をもらえば、イタチ駆除を行うことが出来ます。 イタチ駆除には家屋内から追い出すか、捕獲用の罠を用いて捕まえるかの二通りの方法を用います。 一般的に業者が用いるのは罠を用いた捕獲です。捕獲したイタチは業者が責任を持って、処分します。 最低限の作業はこれで終わりですが、多くの場合はこれに天井裏などの清掃に消毒や侵入口になる隙間を塞ぐなどの工事を行います。 こうした作業にかかる費用としては、最低限の捕獲のみであれば、2〜3万円ほどが相場となっています。 トータルの費用はそれぞれの物件によって大きく異なりますが、一般家庭であれば大体6万円ほどがかかります。