効果的な対策

シロアリ駆除に関するこれまでの歴史

もともとシロアリ自体は古くから人間に認識されていたのですが、それに対する効果的な対策方法などが解明されたのは明治30年を過ぎたあたりだという記録が残っています。 化学薬品などを用いての対策が中心となっていて、費用は現在のおよそ数十倍〜数百倍程度とかなり高価なものとして位置づけられていたのです。昭和に入ってからは、価格こそ下がったものの、その質としてはどんどんと高くなります。 そして昭和後期にはシロアリ駆除の専門業者も登場するようになります。シロアリ駆除の方法は業者によって異なりますが、煙を出さない方法や、巣ごと壊滅させる方法などそれぞれに特徴があります。結果的に現在のようなシロアリ駆除の市場が確立されたのはおおよそ50年ほど前です。

シロアリの駆除が今後どうなるかということについて

シロアリ駆除はその市場を今後より一層拡大させるだろうと見られています。やはりシロアリというのは住居に深刻なトラブルを生む可能性があるということもあって、多くの人に強い意識をもたらしています。 木造一戸建てを中心としていたシロアリ駆除も、最近では集合住宅向けのサービスが増えてきています。建築ラッシュだった昭和後期に建てられた建造物が、現在老朽化してきているということも要因の1つです。 そうした建物にはとりわけ注意を払う必要があり、今後は集団住宅のシロアリ駆除対策やサービスがより一層多くのニーズを生むようになるとみられています。自分で簡単にできるシロアリ駆除グッズなども数を増やしていて、市場全体が活性化すると予測されているのです。